現場監督の求人はここにある

現場監督の仕事は、工事現場における指示だけではなく、いろいろな仕事内容があります。

施工計画者作成に始まり、工事現場によっては地元での説明会の開催、資材の手配、施工管理、スケジュール管理、出来型管理、竣工書類作成および提出、竣工検査、など工事の規模によって、仕事量は異なります。

建設業としての工事現場は、大きくは、建築工事、土木工事、電気工事、管工事、舗装工事、塗装工事、電気通信工事、造園工事、などがあります。

それらを請け負う会社には、スーパーゼネコン、ゼネコン、準大手ゼネコン、中小ゼネコン、工務店、電気工事店、管工事店、など大小さまざまな会社があります。

それぞれの会社の経営規模や職種によって、求人の条件や内容は大きく異なります。

現場監督としての経験年数や現場監督としてこなしてきた現場数により、求人募集の内容は異なります。

監督業務としては、いろいろな仕事をこなす必要があることと、職人さんを使うことになりますので、如何に職人さんを上手に使うかが仕事の仕上がり具合に影響が出てきますので、ポイントの一つです。

現場監督の求人についての募集サイトがWEB上に多くあります。

A社の募集サイトでは、転勤は無く高給与の現場監督の求人を網羅しているということで、このサイトの利用者の94.3%が満足しているという結果です。

このサイトの顧客には、大手の建設会社からの求人が多くあり、建設・設備関係の求人がトップクラスとなっています。

国内随一の施工実績があり経営が安定しているスーパーゼネコンの電気工事施工管理で年収880万円、完全週休2日制で定年後も安心の再雇用制度のあるプラントエンジニアリングの会社の建築施工管理で年収1000万円、手当や退職金などの待遇面での充実がみられる準大手のゼネコン会社の管工事施工管理で年収760万円となっていて、いずれの会社も転勤なしで長期の出張もない職場です。

問い合わせは、WEB状のフォームに入力して申し込むことができます。

氏名、生年月日、住所、メールアドレスや携帯電話の連絡先、既に取得済の資格、経験の会社数、勤務地の希望先、職務経歴書の内容などとなっています。

私のお勧めの募集サイトは、こちらです。

現場監督の求人をチェックする